パワハラ対策、動機づけする部下指導、働きやすい職場、メンタフ不調を防止

時代背景

  • HOME »
  • 時代背景

「健康経営」の時代へ

ビジネスマン「社内うつ」といった言葉が社会で認知され始めたように、職場が原因で心を病む人が後を絶たない時代になりました。

日経ビジネスの調べでは、今年4月23~30日までの8日間、「職場のメンタルヘルスに関する調査」(有効回答数1103件)を実施。不特定多数のビジネスパーソンに直接、「仕事上のストレス」に関する質問に答えてもらったところ、結果は以下の通りとのことです。

「過去、仕事が原因で体調を崩し、医師による何らかの診断が下されたことがあるか」との問いに対し、「ある」と回答したのは34%。

その内訳は「メンタル面で体調を崩した」(16%)、「フィジカル面で体調を崩した」(9%)、「メンタルとフィジカルの両方で体調を崩した」(9%)。

厚生労働省も、「うつ」など のメンタルヘルス不調を未然に防止するため「労働安全衛生法」という法律を改正し、2015年12月から、労働者が 50 人以 上いる事業所で、毎年1回、検査を全ての労働者に対して実施することを義務付けました。

いまや、個人で、「自分の健康は自分で守れ」という時代から、会社にも「社員の健康にある程度責任がある」、という時代にシフトしつつあります。

会社にとっても、健康な社員がいてこそ、はじめて成長し、競争力を高めることができる、そんな「健康経営」を考え、取り組むことが必要な時代になってきています。

チームの一員である、部下が健康な精神状態で働けないということは、そもそもチームとして、目標実現が難しくなることにつながります。例えば営業部であれば、1名がそのような状態に陥れば、当然ながら、一人分の売り上げは落ちますし、また、周囲にも影響するでしょう。商品開発部であれ、経理部であれ、同じことです。

では、どうすれば、社員が健康に仕事に取り組めるのか?会議風景3

「労働時間」や「成果主義の浸透」がストレスとなっているという意見もありますが、2013年のデンマークのAarhus Universityの博士が4500人を対象に行ったリサーチ結果では、ストレスホルモンのコルチゾールも測定し、「職場でうつ病を引き起こす要因となっているのは、仕事量や仕事へのプレッシャーよりも、むしろ上司の部下の接し方」という発表をしています。つまり、「上司の部下へのコミュニケーション」が課題であるということです。

上司(管理職)になると、以前までのプレイヤー時代とは全く違う役割が求められます。最大の役割は、チームの力を最大化するために、環境を整えることにあります。自分個人の成績が良ければ、それで良いというわけにはいきません。部下を動機づけし、巻き込みながら、一つの方向にチームを導くことが要求されます。

それでは、今求められる上司とは、どうあるべきなのでしょうか?

>「上司のあり方」ページへ

back7_5

PAGETOP